都心から少し離れた場所で 日々お絵描きに勤しんでいる クスノキの日々の暮らしぶりです。

♥ 2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[PR]
   【2017/11/20 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   【2007/08/29 (Wed)
なんだか突然秋めいてきましたね。
暑くて何にもやる気が起きなかったクスノキも少しだけ自由に動けるようになりました。このまま冬に向かってまっしぐらなのでしょうか?

さてさて。前回の記事で書いたトイカメラの現像が出来上がってきました!なんだか不思議な空気をまとっています。その中の数点を紹介。
pic224.jpg pic225.jpg
pic226.jpg pic227.jpg
写真の上のほうに枝のような物が写りこんでいるのですが、まったく正体不明。クスノキが思うに、長い間放置していたフィルムにカビさんが入り込んでしまったのではないかと。しかし、これもこれで素敵なアクセントになっている気がします。
画面全体は赤みが強く、視力の悪い人がメガネを外して見た世界のようにぼんやり・ぼやぼやなのですが、それがなんとも懐かしい雰囲気を出しています。
もう1本フィルムが残っているので、またトイカメラで世界を撮影しよう。今回でカメラのクセなども分かってきたので、次回はもう少し素敵な作品が撮れるのでは、と期待しつつ撮影日和を待ちたいと思います。
PR
   【2007/03/03 (Sat)
最近、実家からお借りしているデジカメで写真を撮るのが楽しいのです。しかもモノクロ。
でも実際、自分がモノクロの写真を撮ってみると「卑怯だなぁ」と思うところもあったりして。モノクロにすることにより、撮影したものの質感が底上げされる気がするのです。
以前にも書いたのですが、基本的にクスノキの愛機は接写レンズ付きの使い切りカメラなので、いつもはカラーで「構図命!」のところがあり、モノクロ写真は少し後ろめたい気持ちになったりもします。
pic23.jpg本日の1枚。「いとしいもの」
相方の足です。
私を支えてくれる大切な人の足です。
クスノキの撮る被写体は相方であることが多め。付き合って2年目くらいに贈った誕生日プレゼントは、私が撮りためた相方の写真を1冊にまとめたアルバムでした。本人に本人の写真を送ってどうする、とつっこまれるかもしれませんが、その相方が写っている写真のこちら側には私がいるよ、という意味を込めて。・・・クサいですね。でもそれをちゃんと受け取ってくれた相方を私は尊敬しています。
そんな相方の足を撮ってみました。

(この記事見たら相方に色々言われそうだぁ~)
現像
   【2006/12/09 (Sat)

先日カメラを現像に出しに行きました。

HPにも書いてあるように、私の愛用しているカメラはレンズ付フィルムです。
http://fujifilm.jp/personal/utsurundesu/superior/3ways/index.html
接写レンズ付きで被写体に40cmまで近寄れるので、かなり重宝しています。

今回は9月末に行った北海道旅行から、11月末までに撮った日常生活がフィルムに収められていました。

その中で気に入ったものを1つ。
dog01.jpg



実家のワンコさまの寝顔です。
微妙に上がった前足が可愛いです。
落ち着いて写真に納まることがないので、かなり貴重な1枚。


♥ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
♥ 最新記事
♥ 最新コメント
[11/04 クスノキ]
[11/04 ナイトー]
[10/11 クスノキ]
[10/10 ナイトー]
[09/20 クスノキ]
♥ 最新トラックバック
♥ プロフィール
HN:
クスノキ
性別:
女性
職業:
細々と絵描きなど
趣味:
お絵かき 読書 などなど
自己紹介:
都心から少し離れた場所で、日々気ままにお絵かきに勤しんでいます。
■好きなもの:動物全般、寝ること、絵を描くこと
■嫌いなもの:ピーマン、人ごみ、暑さ
■尊敬する人:岡本太郎さん、奈良美智さん、千住博さん、浅田弘幸さん、しりあがり寿さん、その他にもいっぱい!
■好きな音楽:吉井和哉さん、アンジェラ・アキさん、元ちとせさん、溝口肇さん、その他にもいっぱいいっぱい!
■長年の愛読書:『クレヨン王国のパトロール隊長』福永令三さん著(心の中のトゲトゲを少しずつ抜いてくれるような物語です。分岐点に立った時に必ず読み返します。)
♥ バーコード
♥ ブログ内検索
♥ アクセス解析
HOME
忍者ブログ [PR]
//Design by Dress